即日入金で支払いを楽にしよう!

銀行カードローンなら消費者金融よりも金利が安い!

即日入金ができる銀行カードローンは、消費者金融のキャッシングと同じく、現金を工面するのに非常に便利です。

 

おまけに銀行カードローンの方が、消費者金融よも金利が安いというのが魅力です!
更には、銀行カードローンは、総量規制を受けないので、年収の3分の一以上借り入れることもできます。
やはり消費者金融と銀行カードローンでは、返済のことを考えるのであれば、銀行カードローンの方が有利です。

 

 

即日入金の審査のスピードも同じくらいです。
ただ、銀行カードローンの場合、銀行口座を持っていれば、審査スピードが速くなるという特徴があります。

 

銀行口座の持ち主の場合、
インターネットからの申し込みだけで契約が完了
してしまうこともあります。
これはみずほ銀行のカードローンや、三井住友系のキャッシングサービスであるモビットなどで、よく見られます。
WEB完結できる方がやはり便利ですので、三井住友銀行のやみずほ銀行の口座を持っている人であれば、
こうした銀行のカードローンやキャッシングを利用すると、早く即日入金の審査が進むのでおすすめです。

 

やはり少しでも早くお金を用意したい人には、審査スピードというのは、すごく気になると思います。
WEBからは24時間申し込みが可能ですが、実際に返事がくるまでには時間がかかることもありますので、注意が必要になってきます。
特に混雑している時期は、仮審査の返事だけで1日かかってしまう場合もありますからね。

銀行カードローンは審査が厳しいのがネック!

金利が安く安心な銀行カードローンですが、一番のネックはやっぱり『審査が厳しいこと』です。

審査の甘さだけで言えば、銀行カードローンよりも消費者金融の方が全然優しいです。

 

即日入金は、審査が通らないと利用できませんので、まずは審査に通ることが大事です。

 

 

あまり審査に自信がない人は、消費者金融を受けてみて、ステータスに自信がある人だったら銀行カードローンに挑戦してみると良いと思います。

 

しかし、銀行カードローンを受ける場合、気を付けないといけないのは、正社員であっても、年収が300万円程度ないと厳しいということです。
どこの銀行カードローンも、申し込みの年収のボーダーを300万円程度に設定しているケースが多いです。
また、勤務歴も非常に重要で、入社して数か月の人よりも、やはり数年勤めている人の方が有利です。

 

銀行カードローンの場合は、総合的にステータスが良いと判断されないと、なかなか審査が通らないケースがあります。
その点、消費者金融はアルバイトでも低年収でも、とりあえず定期的な収入があれば大丈夫なので、審査のボーダーが銀行カードローンに比べて低いです。
また、過去にクレジットカードや借金の返済で遅延や金融事故がある場合は、審査が通らないこともありますので注意です。

 

他の支払い状況が悪い人は、当然キャッシングやカードローンの審査で大きく影響しています。
遅延や事故がある人は、新規の借り入れを諦める必要もあります。