即日入金で支払いを楽にしよう!

審査の基本は『身分証明書』

キャッシングやカードローンの審査で一番準備しておきたいのは、やはり『身分証明書』です。

 

これはどこの銀行でも、どこの消費者金融でも必ず必要になります。

 

 

そのため、即日入金でスピードを要する場合は、すぐに身分証明書を提出できるように用意しておくのが非常におススメです。
書類の提出で詰まってしまうと、それ以上は手続きを進めることができなくなってしまいます。

 

身分証明書として、確実にどこの業者でも通用するのは
『運転免許』と『パスポート』と『健康保険証』です。

 

顔写真が入っていても、社員証ではダメな可能性がありますので、それぞれの消費者金融や銀行のHPで必ずチェックしておきましょう。
運転免許・パスポート・健康保険証がない場合、顔写真入りの住基カードなんかも身分証明書として可能なケースが多いです。

 

身分証明書を持っていない人は、デキるだけ早い段階で用意をしてからキャッシングやカードローンの審査に申し込むようにしましょう。
身分証明書の発行には、時間がかかる可能性がありますので、審査に申し込む前に用意をしておくのが非常に望ましいです。
身分証明書が提出できないと、やはりお金を借りることはできませんので、身分証明書を持っていない人は、注意が必要です。

 

また業者によっては、金額に関わらず、必ず所得証明や住民票の原本が必要となるケースもあります。
必ず審査に申し込む前に、一度業者の公式HPで必要書類を確認しておくようにしましょう。

高額融資を希望の人は所得証明を準備!

テレビでCMをしているような大手の消費者金融の場合、50万円以上の契約でなければ基本的には所得証明書は『不要』です。

 

ただし、1社で50万円を超える借入をする場合他者のキャッシングとの合算が100万円を超える場合、貸金業法では収入を証明する書類が必要になってきます。

 

そのため高額の融資をキャッシングで希望する場合は、所得証明を用意しておく必要があります。

 

 

 

一方、銀行のカードローンの場合は、それぞれの銀行によって金額は変わってきますが、100万円〜300万円を超えない限り、所得証明が不要なケースが多いです。
銀行は審査が厳しい部分がありますが、総量規制の対象外ということもあり、所得証明の提出が消費者金融に比べて、若干緩い部分があります。
所得証明は、人事部で発酵してもらえますが、やはり人事で所得証明書を発行して貰うのは、「ちょっと気が引ける・・・」と思う人は、銀行の方が良いかもしれません。

 

また、一部の銀行や消費者金融の中では、
業者の判断によって所得証明の提出を求められることもあります!

 

どうしても即日入金で、その日のうちにお金が欲しいと思っている人は、使わないとしても、所得証明書を用意しておいた方が確実だと思います。
人事部に頼んでおくと、やはり時間がかかるケースがありますので、本契約が進まなくなってしまう可能性があります。

 

出来るだけ早く手続きを済ませたい場合は、やはり書類の準備っていうのが、大事になってきますね。