即日入金で支払いを楽にしよう!

即日入金希望なら『午前中には本契約の完了』を目指して!

キャッシングやカードローンの即日入金というのは、

『基本的に14時前後がボーダー』と言われています!

 

私が利用していた大手のA社も14時がボーダーでした。

 

そのため、即日入金を希望している人は、大体の13時頃には本契約を完了しておきたいです。

 

つまり、「キャッシングを申し込もう!」と、お昼の12時頃に思い付いた場合、WEBなんかで新規の申し込みをした場合は、仮審査のメール連絡が夕方になってしまう可能性もあります。

 

 

この時点で、もう即日入金の可能性はなくなります!
そのため、即日入金を希望している人は、『午前中に連絡がなければ電話か来店』というアクションも必要になってきます。

 

特に無人契約機や店舗来店は一番早い方法になります。
午後でも「即日入金してほしい!」時の奥の手として利用しましょう!

 

店舗来店は面倒なのでイヤだって言う人も多いと思いますが、
午前中に連絡が来ない場合は、即日入金の可能性が低くなってきてしまうので、やはり自ら足を運んだ方が良いです。
午後になってから、とんとん拍子に契約が進むこともありますが、ネット申し込みの場合は、連絡が来る時間が読めないので、やっぱり難しいですね。

 

どうしても支払いの期日が迫っていて、早く融資をしてほしい人は、WEB申し込みを避けるべきです!
WEBよりも、まだ電話の方が、早く審査が進む可能性が高いです。
WEBで申し込む場合は、午前中の早い時間帯に申し込まないと危なくなってしまいます。

キャッシングの繁忙期は3月〜4月!

即日入金希を希望している人にとって、気を付けて欲しいことは、やはり『申し込みの時期』です。

 

 

実はキャッシングやカードローンにも『繁忙期』というものがあります。

 

新年度が始まって、何かとお金がかかる3月〜4月は金融業界においての繁忙期です。

 

また、年始年末もお金がかかるイベントが多い事から、非常に混雑しやすいと言います。
こうした繁忙期に審査を申し込む人は、WEBの場合、かなり返事が来るまでに時間がかかってしまいます。
繁忙期の時期は申し込みが多すぎて、いつもよりも返事が遅くなってしまうことがありますので、やっぱり気を付けないといけないですね。

 

年始年末も同様に込み合ったり、WEBでの新規の受付はしていても、
審査が一時的にストップしている業者さんもありますので、長期の連休がある時には、チェックしておきましょう。

 

年始年末の新規申し込みは通常営業とは違ってしまうことが多いので、注意が必要になります。
ただ、どこの消費者金融も、受付のみはしているケースが多いですね。

 

万が一、年始年末休暇になってしまった場合、審査は年越し後の営業日に繰り越されてしまう可能性があります。
審査に時間がかかりやすい時期でもありますので、デキるだけ12月の新規申し込みは早めの時点で本契約を完了しておくことをおススメします。

 

銀行や消費者金融によって年始年末のスケジュールは違ってきますので、
公式HPで営業時間をちゃんと見ておくと良いですね。