即日入金で支払いを楽にしよう!

キャッシングやカードローンが通らない!?

即日入金は現金払いが待っている人には、非常に便利ですが、中にはキャッシングやカードローンの審査に受からない人も出てきます。

 

審査に通らないと、何件も新規の申し込みをしてしまうと、やはりその時点で『お金に困っている要注意人物』として、警戒されてしまう可能性があります。
新規のキャッシングやカードローンに通らない人の場合、もう一つの手段として『身内に建て替えてもらう』というのが現実的な対応になってきます。

 

 

親や配偶者などがいない人の場合はダメですが、親や配偶者がいる場合は、土下座をしてでも、建て替えてもらうのも一つの手段です。
これが常習化してしまうと、さすがに良くないですが、一度くらいだったら、泣きついてみるのも一つの方法です。

 

また、頼れない人の場合は、支払先への相談というのが、現実的な解決になってきます。
支払期限が過ぎてからの相談ではなく、やはり支払期限の前に、一度支払いが厳しいと相談してみましょう。
それによって、支払方法を変えてくれたり、期限をまってくれる可能性も出てきます。
相談をしても、「ダメ」の一点張りになってしまう可能性もありますが、まずは相談をしないと、催促の電話や手紙がどんどんとやってきます。
そうした催促を無視していると、最悪の場合、『支払いを踏み倒そうとしている悪質な人!』と判断されて、法的手段を取られてしまう可能性があります。
やはり連絡をして、支払いの意志があることを伝えておくだけでも、かなり違います。

過去に金融事故を起こしている人は注意!

現在は借金がないとしても、過去に滞納で強制解約になったり、長期未払いで『異動情報』となりブラックリスト入りしてしまった人は、キャッシングやカードローンの審査が非常に難しくなります。

 

長期の滞納で異動になった場合は約5年ただの滞納情報だったら2年程度、CICなどの信用情報に残ります。

 

 

そのため、異動がついてしまった人は、その時期から5年が経過していないと、やはりどんなに現在の状況が良くても、新規の申し込みで受かりにくくなってしまいます。
そうした事故状況は、必ず新規の申し込みで確認をされるため、絶対に気を付けないといけません。

 

信用情報というのは、自分では確認したことがない人が多いと思います。
でも、CICでは1000円程度の費用を払えば、自分の信用情報を確認することが出来ます。
自分の信用情報にあんまり自信がない人は、一度CICで自分の信用情報を見てみるのも良いと思います。
正常に支払いがされている場合は『$』マークがつきます。

 

しかし、遅延がある場合は『A』マークになります。
Aマークは3つ連続していると、基本的には新規の申し込みは厳しいと言われています。
信用情報にあんまり良い情報がついていない場合は、やはり新規の申し込みをしても可決される可能性が低くなってしまいます。
信用情報が綺麗になってから、改めて申し込みをするのも一つ手段です。
信用情報が悪く、一社落ちてダメな場合は、続けて2社、3社と申し込むをするのではなく、まずは信用情報が押し出されるまでは新規の申し込みを控える方が無難です。